小さいなモデルハウス

初心者向け

パース 朝日を浴びる

2015年初頭において我が国は記録的な低金利下にあり、銀行預金の利息は低水準です。その一方で、住宅ローンの金利も極めて低い状態が続いています。ということは、不動産投資を始めるのに極めて適した状況にあると言うことができます。 不動産投資を始めるに当たって最も初心者向きと言える物件が、投資用ワンルームマンションです。もっとも最初から投資用ワンルームマンションとして建設される物件などというものは基本的にはありません。さまざまな条件から見て投資に適していると認められた物件が投資用ワンルームマンションとして流通しているわけです。 ともあれ、日本の全世帯数に占める一人暮らし世帯の割合は年々上昇する傾向にあると言われています。となればワンルームマンションの投資物件としての将来性も高いものがあると考えることができます。

不動産投資初心者にワンルームマンションが適しているのは、1つにはファミリー向けの大型物件に比べて価格が低いため、低リスクで投資が始められるという点にあります。また、安定した家賃収入が得られることで高い利回り効果が得られるという点にも魅力があります。 ただ、必ずしもすべてのワンルームマンションがその効果を得られるとは限らない点に注意が必要です。将来は高齢者が増える可能性もあるとはいえ、現状ではワンルームマンションの主要な利用者は一人暮らしの若者です。となれば立地、周辺環境、設備などが若者に魅力あるものでなければ優良な投資用ワンルームマンションとは言えません。投資入に際してはこうした点に注意して、専門家のアドバイスなどを受けながら物件選びをするのが賢明です。